スタッフ紹介

自分を成長させるお客さまとの出会い 本社営業部 碇谷 綱基
  • お客さまのお話を聞き、自ら学ぶことが大事
    大野石油店は広島ではよく知られていて、地元に貢献していることから入社を志望しました。接客業が好きだったこともあり、入社したらガソリンスタンドのスタッフになって、店長を目指すと思っていたんです。
    でも実際には、ガソリンスタンドにいたのは最初の半年だけ。その後は営業部の配属になりました。
    与えられた仕事はなんでもやろうと思っていたので、一生懸命勉強しましたね。特に、産業用潤滑油という工場向け製品の営業だったので、専門的な知識も必要です。
    資格を取るための勉強もしましたが、やはりお客さまのお話を聞き、自分で調べたり学んだりする姿勢が大切だと思います。
  • 営業は、成長し続けられる仕事
    最近は、産業用潤滑油の営業と、ガソリンスタンドの法人契約の営業を掛け持ちしています。それぞれに学ぶことが違いますので、大変な面もありますが、両方を知っていることでカバーできる範囲が広がり、私の強みになっているので、いい経験をさせてもらっていると感じています。
    営業の仕事は、とにかく多業種の方とお会いし、いろいろなお話を聞けることが魅力です。私からも、お客さまに役立つ情報を提供させていただくために、石油のことだけでなく、様々な分野のこと勉強しますので、自分自身が成長し続けられる仕事だと思います。

  • 与えられた業務の中で喜びを見出す
    大野石油店は、店舗ではもちろんですが、本社でも、お客さまを社員全員が「いらっしゃいませ」という声でお出迎えします。人に対するおもてなしの心が自然と身につけられる社風があり、これは社会人として、とても大切なことなので、ありがたいですよね。
    入社前は、自分が営業になるとは全く想像してなかったのですが、今は営業で良かったと思っています。やはりどんな仕事でも、会社に入ってみないと分からないものです。与えられた業務の中で精一杯努力し、自分で喜びを見出していくことで、力も付けられるのではないでしょうか。